ハノイ 美容室 高い!!ッて声に

おつかれさまです。。。


びっくりしました。。。しています。。。


日々追うごとに  フルブッキングです。。。

皆様、口コミで。。。。。


今日聞きました。もうこちらの駐在の奥様方に。。噂回ってるよ。。って


腕はいいし、間違いないけど!!

高いらしい!!!!!!


安いあいだにいっぺん行っといたら!!!!!

とか

カットは早いし、ざくざくいくけど大丈夫よ!!!


って。


今日は席座るなり、

いつ帰って、いつ戻ってくるの?

って聞かれました(笑



口コミがすごい!!!!



私のサロンは 日本に本店があり そこで ”ほそぼそと” 営業しています。

決して捨てるほどの利益があるわけでもなく。。。

でも縁あって、こちらに 支店をオープンさせていただきました。

(経緯は過去ログに。。。。)



””日本人美容師”” としての経営は、

こちらでは ””日本人ではじめて””  のこともあり、いろんなことで驚く毎日です。。



もちろん 停電でお湯が出ない、ドライやー使えないなんてのはもちろんですが(笑



日本での蓄積された情報、技術、最新の薬剤コントロールの      ソフトを

日本の店で実際に使用している、 “安心安全のプロ用” 薬剤の   ハードを

ベトナム式のよさをとりいれミックスさせた 日本式ベースのなんチャってベトナム式


を組み合わせたおみせにしようと、日々練習ですが、まだまだしっかりした形にはなっておりません。

そのなかでも日々、叱咤激励していただいて、改善点をピックアップしています。



でも正直、現在のこちらでのみなさまがおっしゃる

美容室に対する期待度、満足度の意識にびっくりしています。。。。。
こんなふうにいままでかんがえてたんだ・・・・・・ローカルはこわいけど・・・・まあ・・・・・・・

いえ、

誰がいい、悪いではなくて。。選択肢がなかったということですね。。。


日本では、腐るほど美容室はあり、料金、サービス、


もう完全にすみわけができています。。
ディスカウント競争は消耗戦です。。。。

私どものような小さい自営業者がそれに乗っても



売上げ減→薬剤ケチる、ランク下げる→広告費は上がる→人件費下がる→モチベーション低→サロンワーク、ベトナム人教育への意識低下→レベル下がる→お客様満足低下→売り上げ低下   

ってサイクルです。。。。。
まあここでは、既存店同士の遺恨があるみたいですが。。。。


美容師として経営すると、やはり譲れないところはゆずれないのです。」
これが本職ですから!!!!


ただの銭儲けだけでなく、みなさまに ”満足” していただきたいのです。


もちろん、その技術者の人格、技術、雰囲気を認めてもらうことが第一です。

 
そのうえでみせとしてのサービスがどこまでできるか。。。

正直本当にそこは 現段階で、既存店のほうがしっかりされていると思います


一概に私の店が高く技術を売りつけようという話ではなく、

お高くとまりたいわけでもなく


ちゃんとした 値段の根拠 をしるして、理解していただき、


BAUも適正な利益をいただいて、それを従業員の給料、いい薬剤に還元したいのです

やはり、勤める人間もハノイが好きというのはもちろんですが、

それなりの賃金は必要です!!それに家賃は高い!!


経営努力っていわれてもベトナム人の人件費が日本に比べて安いだけ。。。



あとなに絞るの??

薬、人件費??



けっきょくそこ絞ると

人体、髪にやばいことになり!!

それを使うひとが、その金額に見合った人格、技術、雰囲気の人間しか雇用できない。。。


で、

日本と同じレベルの技術でなければ

顧客満足からさらに遠くなる。。。

って話です


すいません。

ベースを 日本においたまま人間のの勝手な 解説です。。。



でも  ”ある程度以上の人材 ” が、

こちらの高い満足を得たいと思っているかたがたから

日本よりは安くなる経費(家賃は逆に高い)ぶんはおさえるにしても

それなりの報酬  が得られる形が作れなければ

こちらに長くはいれません。


じゃ、日本で稼いだほうがいいから。。。。って

いまのままでは  ○がひとけた違いますから。。。


現実、いまわたし割り引きあって カット日本円で1000円台ですから(笑


でもそれはここでできると思うし、

自分みたいな人間でも うけいれてもらえるのなら

ぜひ「実行したいと思っています!!!!


毎日が勉強です。

いろいろ聞かせてください。。。

ご納得されるまで、何度でも、何回も ご説明させていただきます。


よろしくおねがいします!!!



 

この投稿は 2010年10月24日 日曜日 1:31 PM に Hanoi Blog カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 現在コメントは受け付けておりませんが、ご自分のサイトからトラックバックを送ることはできます。

コメントは受け付けていません。

h